日経225先物システムトレード自動売買 -自腹検証で年収1000万!-日経225先物システムトレードで安定した収益を重ね、年間収益1000万を達成するまでの道程を記したブログ 日経225先物システムトレード自動売買 -自腹検証で年収1000万!- 日経225先物システムトレード自動売買収益アップデート(4月度)
Top Page > スポンサー広告 > 日経225先物システムトレード自動売買収益アップデート(4月度)月次損益アップデート > 日経225先物システムトレード自動売買収益アップデート(4月度)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。
今月からテニススクールを再開しています。が、体が全く動きません。このスポーツ、下手になるのは早いですよねー。



【ご注意】
問い合わせが多いのですが、私の実売買結果は、私の所有する日経225自動売買ツールポートフォリオに採用した、オートマネー225V忍-SHINOBI-ONESHOTMAMBOO(マンボウ)。それから、雷神 -RAIJIN-とシグナル配信のDREAM TRADE K-225による実売買結果であり、公式の成果報告ではないことにご留意ください。スリッページもありますし、トレーディングスタジアムや楽天RSSが落ちたりするトラブルが発生することにより、売買タイミングが公式発表と違うケースもあります。特にオートマネー225Vは時折、再現性に難あり、です。
また、ロスカットや利確設定やトレーリングストップ設定も随時変えています。現在は、オートマネー225Vでは、LC60円、利確200円、トレーリングストップは+140円の利益発生後、80円の利益縮減発生時点で成行売買を行なうデフォルト設定となっています。また、ONESHOTは、LC値を60円に厳しくしています。それによっても当然売買実績に変化があります。
公式の情報は各種日経225ミニ自動売買ツールの比較サイト(リンク欄やアクセスランキング欄をご覧ください)をごらんいただければよいと思います。私のミッションは、実際の自腹による売買結果を読者の皆様に実況中継することにありますので、試行錯誤の結果、結果として、公式発表とは異なる成果が上がっていることにご理解をお願い申し上げます。

まず累積損益グラフを見てみましょう。


【取引成績(4/1~4/16・スリッページを含む実売買結果(売買手数料含まず)】
オートマネー225V累積損益(単月)
累積損益:+130円の勝ち(先週比:+25円)

忍-SHINOBI-累積損益(単月)
累積損益:-15円の負け(先週比:-5円)

ONESHOT累積損益(単月)
累積損益:-260円の負け(先週比:-185円)

MAMBOO(マンボウ)累積損益(単月)
累積損益:+5円の勝ち!(先週比:+20円)

雷神 -RAIJIN-累積損益(単月)
累積損益:-105円の負け(先週比:+45円)

DREAM TRADE K-225累積損益(単月)
累積損益:-105円の負け(先週比:±0円)

----------------------------------------------------
3月のポートフォリオ実損益:-350円の負け!(先週比:-100円)

※皆さん誤解しないでほしいのですが、この集計は、「スリッページ込み」の損益です。この収益こそが、実際の手取りの金額となります。ですから、他のブログやホームページの成績と比べると絶対に成績は悪く見えます。でも私はその見せ方にこだわっています。これが本当の収益だからです(実際はさらに手数料も引かれますが、これは小さいので計算が面倒ですからやっていませんが(笑))。その点ご留意いただき見てくれるとありがたいです。これは、皆さんに自動売買の真実の姿をお伝えしたいという思いからです。いわゆる商材レビュアーと比べると悲観的な書き方も多いと思いますが、実態をお伝えし、納得の上で自動売買に取り組んでください。




【今週の一言】
ポートフォリオ損益は悪化傾向です。
先月はSHINOBIとRAIJIN、今月はONESHOTがポート損益の足を引っ張ります。とくにSHINOBIとONESHOTはポートフォリオ陥落の危機だと思っています。
今月はK-225に資金をシフトしていることもあり、自動売買で取引をしているのは、MAMBOO(マンボウ)オートマネー225Vとなっており、結果的にプラスになっている自動売買のみを稼働させています。結果オーライですが、これではポートフォリオとは言えませんよね。
さて、オートマネー225Vは、今月は好調です。もう一つ二つ大きな勝利がほしいところですが、難しい相場が続く中、良くこらえ、うまく利益を確保しています。ポートフォリオのスパイス的存在として、まだまだ活躍してくれそうです。
次に、雷神 -RAIJIN-ですが、ずいぶん取り返してきてくれています。まだ損失圏ですが、ひと勝負あればプラス圏に戻れる距離をキープしてくれています。
それから、MAMBOO(マンボウ)がついに利益圏に浮上してきました。やはり負けにくいロジックが装備されているからか、非常に粘り強く相場についてきます。見送りが多く、無駄なトレードをしないところも信頼感が高いです。
最後に、ついに投入されたDREAM TRADE K-225ですが、今週は動きありません。かなり長い期間のスイングになってしまっていますが、私としては落ち着いた心境です。投資のスタンスが明確だからです。
忍-SHINOBI-ONESHOTは、それぞれの役割をきちんと果たしてくれることを期待しています。忍-SHINOBI-は安定性を、ONESHOTは、オートマネー225Vの凹みを補いながらも、爆発力を発揮して欲しいです。そして、新進ツールのMAMBOO(マンボウ)には、天に昇る龍のような、異次元の利益追跡機能を期待したいところです。最後に、新進の雷神 -RAIJIN-と実力派のDREAM TRADE K-225がもう一つの嵐を巻き起こしてくれるものと確信しています。

さあ、日経225ポートフォリオの奮起に期待しましょう。

最後に、何度も書いていますが、私が賭けたのは、システムトレードなので、淡々とルールに基づくトレードを見守るだけです。
来週のデイトレ自動売買はどのような結果を迎えることになるのでしょうか?期待しましょう。

PS1
忍-SHINOBI-を販売している、トレーディングオフィス社から新ツール、日経225先物プログラムトレーディングシステム 閃光 -SENKOU-が発売されています。
スリッページも少なく、安定しているようです。検証中ですが、おすすめ自動売買ツールに加えたいと思います。

PS2
トレーダーズ証券のトレードスタジアムですが、9月より、システムトレーディングには月々の使用料金がかかることになったそうです。それも5250円/月、という大改悪です。ポートフォリオの ONESHOTおよび忍-SHINOBI-やポートフォリオ候補の日経225先物プログラムトレーディングシステム 閃光 -SENKOU-などは、トレードスタジアム上で動くツールです。ただ、月5250円のコストは痛いです。トータル+50円でも、利益が消えてしまうレベルになりますからね。
無料条件などが出てくることを期待します。

PS3
日経225ミニ 自動売買システム MAMBOO(マンボウ)が発売されていますが、性能もすごいですが、売れ行きもすごいです。11月最後に再販しましたが、早くも完売ですね。私は枚数を増やしてMAMBOO(マンボウ)頼みしています。おそらく再販はもうありません。というかマーケットインパクトが出ますので、そろそろ封印して欲しいです。

PS4
忍-SHINOBI-がついに10/19に販売終了を迎えました。マーケットインパクトをこれ以上与えないためとのことです。しかしながら、トレーディングオフィスさんの方では、継続してバージョンアップをしてくれていますので、相場にあわせてまだまだ使えます。信頼できる販売者です。

PS5
現在、古豪のドリームゲートと、日経225先物プログラムトレーディングシステム 雷神 -RAIJIN-を検証し始めています。雷神の成績が上がってきていますので、まずはこちらを実戦投入することになりました。お楽しみに!

PS6
ついにDREAM TRADE K-225を取り入れています。信頼できる配信ですから、期待できると思います。

=============================================
ブログランキングに参加しています。たくさんクリックしてください。
皆さんの応援で、より有益な情報を提供できるようになります。
=============================================
ブログランキング日経225先物オプションランキングにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ人気ブログランキングへ人気ホームページランキングへ投資ブログランキングblogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
美容整形
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。