日経225先物システムトレード自動売買 -自腹検証で年収1000万!-日経225先物システムトレードで安定した収益を重ね、年間収益1000万を達成するまでの道程を記したブログ 日経225先物システムトレード自動売買 -自腹検証で年収1000万!- 省エネ、バリアフリーに住宅版エコポイント
Top Page > スポンサー広告 > 省エネ、バリアフリーに住宅版エコポイント関連ニュース > 省エネ、バリアフリーに住宅版エコポイント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月29日3時8分配信 読売新聞

『政府は28日、省エネ対応型住宅の新築や改築を行った場合に商品やサービスと交換できる「住宅版エコポイント」制度の費用として、2009年度第2次補正予算案に約1000億円を計上する方針を固めた。

 ポイント支給は、10年1~12月に着工することが条件となる。外壁や窓の断熱性能が高く、冷暖房や給湯による消費電力が少ない新築住宅が対象。二重窓の設置や、床や外壁に断熱材を使った改築、段差解消などのバリアフリー対応型改修も対象に加える。具体的なポイント数は今後検討する。

 住宅は、すでにエコポイント制度が導入されている薄型テレビやエアコンなどの省エネ家電と異なり、工事の確認が必要になる。

 このため、第三者機関がチェックする仕組みを取り入れるなどして、不正な申請を防ぐ考えだ。

 住宅産業は、昨秋のリーマン・ショック以降の景気悪化で低迷が続き、09年度上半期(4~9月)の新設住宅着工戸数は比較可能な1965年以降の上半期で最少だった。

 住宅は関連産業のすそ野が広いため、エコポイント制度の導入で「国内材の需要振興につながり、工務店の仕事も増える」(前原国土交通相)などの景気浮揚効果が期待される。』

出所: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091128-00001222-yom-bus_all

こういうことをして、また建設業界に資金を流そうとするのはそろそろやめて、株式投資にもっと資金が流れ込むような優遇策を考えて、市場に資金を流し込んだほうが長期的には日本の金融センターとしての復権を図ることが出来るのではないでしょうか?
どうも株や先物で儲ける、と言うことに対する、過去の教育が招いた日本人の心にある根源的な嫌悪感がそれを阻んでいるような気がしてなりません。

皆さんはどのように考えますか?

=============================================
ブログランキングに参加しています。たくさんクリックしてください。
皆さんの応援で、より有益な情報を提供できるようになります。
=============================================
ブログランキング日経225先物オプションランキングにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ人気ブログランキングへ人気ホームページランキングへ投資ブログランキングblogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
美容整形
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。